昨日、お盆のお経が終わって、お檀家さんのお宅で食事を頂いた際に、素敵お軸を拝見しました(^^♪


e0373473_19414156.jpg


松平治郷(不昧公)最後の書。(真筆です)

遺偈

喫茶喫飯

六十八年

末期の一句

有傳無傳

不昧書

源 治郷(みなもとのはるさと)

宗納(そうのう)


「お茶を飲んでいるときには、目の前のお茶を飲むことに集中し、ご飯を食べるときには、目の前のご飯を食べることに集中し、68年間の人生を歩んできました。

臨終を迎える最後の一句として、これを遺します。

私はみなさんにすべてを伝えられたかもしれないし、不十分のあまり、伝わらなかったかもしれない。」



不昧公の人柄が出ているのは、最後の「有傳無傳」という謙虚さ。「自分は全てを伝え切った!!」ではなく、もしかしたら伝えきれなかったかも、、、。というところです。

茶の湯に寄り添い続けた不昧公の人生観が、詰まった尊い言葉ですね( ;∀;)



このお軸、文字が左曲がりになっているのは、病床につき、左腕を下にして横向きで書かれたそうなんです。

すると、右利きの不昧公の文字が、左曲がりになってしまったというのもわかる気がします。




不昧公没後200年のこの年に、たまたま出会った素敵なお軸。


この感動を、私のつたない文章では、みなさんに伝わったかもしれないし、伝わらなかったかもしれない( ;∀;)



e0373473_19414674.jpg


# by choumanji | 2018-08-15 20:04 | Comments(0)

島根県松江市にあるお寺です。永代供養・墓地相談・御祈祷などを承ります。


by 長満寺