人気ブログランキング |

一休さんの直筆!(^^)!

私に与えられた仕事って何なんだろう、、、?

お盆14日夕方に、お檀家さんの家で、そんなことを考えさせられる掛け軸を拝見しました(^^)/

e0373473_19085791.jpg


一休宗純、亡くなる5年前の書。(真筆)


一代之守本尊ハ飯登

汁なり倹約を寿る

より家業越能くし

一盃飲みて祢多処

乃極楽也

文明八年 正月

僧一休


「人の一生を支えるのは、ご飯と汁です。

倹約をすることよりも、それぞれの人に与えられた仕事を全うし、

酒でも飲んで、寝たところが、極楽です。」


まず、この言葉からは、質素倹約、自分から節制を心掛け、日々精進するなんて、そんな形ばかりの実践はやめて、あなたに与えられた仕事をもっと全うしなさいよ。と言われているように感じました。



自由でありながら仏教一筋に生きられた、一休さんならではの仏教観が詰まったお言葉ですね(..)




だからこそ、一休さんは、87歳まで長生きが出来たんだと思いました(^^)!(ちなみに、室町時代の平均寿命が15歳なんだそうですよ。)



そして、なぜ松江市にこんな素晴らしいお軸があるのかは、、、。詳しく書くと大学の卒論くらいの長さになるので省略しますが、

簡単に書くと、松平不昧公の弟、松平衍親(のぶちか)が京都大徳寺でこの紙を頂き、それを俳人として親交があった、平田本陣の木佐春声(しゅんせい)に渡し、(中略)お檀家さんの手元へ渡ったそうです。ザックリ( ;;)

もともとは、掛け軸じゃなくて、屏風だったそうな。。

e0373473_19102378.jpg

「家業を能くする」とは、自分に与えられた仕事を全うすること。。大人も子供も、男性も女性も、すべての人に当てはまる、この言葉に考えさせられました。

初心に帰り、今自分に託されているもの、やるべきこと、与えれていることを今一度考えなおそうと思います。



お酒でも飲みながら。。。(-_-)zzz


e0373473_19114000.jpg


by choumanji | 2019-08-15 19:20